フラット35 借り換え

毎月の支出の中でも結構割合が大きいのが住宅ローン。フラット35はこれまで新規購入の場合でしか借りることはできませんでしたが、今では借り換えも可能となりました。フラット35は銀行によって金利が大きく異なります。銀行によってはびっくりするほどの低金利で借りられるところもあるのでおススメです。

フラット35借り換えのメリット

フラット35は長期間固定金利で住宅ローンを組めるという利点があり、銀行によっては非常に低金利で借りることが可能です。

住宅ローンは毎月の支出の中でも結構割合が大きく、負担になっているという人も多いのではないでしょうか? 住宅ローンを見直すことで、家計に大きく効果が出ることも多いようです。フラット35はこれまで新規購入の場合でしか借りることはできませんでしたが、今では借り換えも可能となりました。フラット35は名前のとおり、長期間、固定金利で借りられるというのが最大の特徴。借り換えて、また35年も返し続けることになるのか?と思いがちですが、借り入れ期間は15年から35年の間で対応してくれます。たとえば今借りている住宅ローンが15年以上残っているならば、フラット35は借り換え対象になりますよね。フラット35は銀行によって金利が大きく異なり、銀行によっては、びっくりするほどの低金利で借りられるところも! 一方でフラット35には「団体信用保険」が別扱いであるという問題点があります(一般の住宅ローンには含まれています。)団体信用保険とは、住宅ローンを借りている人に不幸があった場合、住宅ローンがなかったことになる、というもの。フラット35の借り換えを検討するときには、この点も考慮に入れて下さいね。

フラット35でおすすめはSBI

SBIではフラット35のシェアが3年連続でナンバーワン。そこには様々なサービスや、対応の早さなど、おすすめポイントが満載です。

SBIでは2012年度のフラット35の取り扱い件数が、全330金融期間の中で第一位!2010年、2011年度に続いて3年連続一位という実績です。なぜ3年連続でシェアがナンバーワンになれたのか。その人気には理由があります。まず、フラット35業界最低水準の金利。SBIフラットαと組み合わせて、最高10割まで融資が可能。そして「フラットつなぎ」というサービスで物件の引き渡しまでの中間資金にも対応。8疾病保証特約や失業保証特約など付帯保険も充実といった商品力。また、申し込みや契約手続きが色々と分かりづらく、初めての人には不安なことも多い住宅ローン。そこでSBIでは全国170店舗で専門のスタッフがお客様の相談に対応。対面型でローンのアドバイスや融資申し込みのサポートを実施。それが利用者にとっても安心に繋がっているのでしょうね。また、ITを駆使した効率的な業務フロー。クラウドシステムを活用し、リアルタイムに情報を共有、事前審査も本審査もスピーディ。人気の物件では融資のスピードが重要ということもあり、また、月をまたぐことで金利が変更になってしまう、そんな時のためにやはり「効率の良さ」は重要です。SBIでのスピーディーな対応は有り難いですね。ということで、フラット35、おすすめはSBIです。

忘れてはならないハウスクリーニング

もし、マンションの買い替えで引越しをするなら・・・

引越しするときのハウスクリーニングの相場はいくら…
http://www.xn--68jwi1ae7bzgya3t2c5dy306dvr6e.com/
しっかり、ハウスクリーニングを入れて引き渡さないと、クレームになることもあります。ハウスクリーニングは、売却先の業者がやるのか、それともこちらでやるのか。ハウスクリーニング代金もマンション売却の諸費用と考えて、事前にしっかり確認しましょう。

Contents


  • ■フラット35借り換えのメリット

  • ■フラット35でおすすめはSBI
Copyright (C) フラット35を借り換えするならおすすめは… All Rights Reserved.